初めて脱毛する人必見!必ず知っておくべきポイント

脱毛サロンや医療機関で脱毛を始める時、完了までかかる期間が長すぎる!と感じる方が多いようですね。

 

確かに、ワキ脱毛でも完了まで1年から2年は覚悟しないといけませんし、全身脱毛をしっかり行おうと思ったら、かなりの回数サロンや病院へ通わなければなりません。
初めて脱毛に通う人が、まず最初に疑問に思うであろうこの「脱毛に必要な期間の長さ」

 

このページでは、その疑問についてご説明していきたいと思います。

毛周期の把握

脱毛を効率よく行うには、毛周期の把握が重要になる!
脱毛を始める際、まず知っておきたいのが「毛周期」という毛の生まれ変わりのサイクルです。
どのような脱毛を行うにしても、この毛周期が基礎となるからです。

 

毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」の三つに分けられます。
簡単に説明すると、

成長期:体毛の製造工場である毛母細胞の分裂が活発で、毛がどんどん成長する期間
退行期:毛母細胞の細胞分裂が止まり、毛の成長がストップする期間
休止期:毛が寿命を迎え、抜け落ちる期間

部位にもよりますが、毛周期はこのサイクルを2~4か月で繰り返しているのです。

 

そして、このサイクルで特に重要なのが「成長期」
実は、現在行われている脱毛施術はすべて「成長期に行わないと効果が出ない」という特徴があります。

 

基本的に、脱毛は毛母細胞にダメージを与え、体毛の発生や成長を抑制することを目的としています。
そのため、毛母細胞の活動が活発な成長期でないと、十分な効果が得られない、という訳ですね。

 

毛周期のサイクルは2〜4か月と書きましたが、ワキや腕、脚、VIOラインなどの場合、毛周期は3〜4ヶ月であるとされています。
ということは、一度成長期に脱毛の施術を行ったら、3~4カ月は脱毛の効果が出にくい時期に入る、ということに他なりません。

 

脱毛初心者の方は、脱毛の際、施術と施術の間に数か月置くことが無駄に感じるかもしれません。
しかし、実際はかなり理にかなっているんですね。

 

しっかりした脱毛サロンや医療施設では、その人その人の毛周期を計算し、一番効率の良いサイクルで施術のスケジュールを組みます。
そのため、数か月置きの施術スケジュールとなり、結果、年単位の時間が必要となるのです。

脱毛を始めたばかりの頃は、もっと頻繁に脱毛したい!と焦ることもあるかもしれませんが、効率の良い脱毛を行うには「急がば回れ」の精神が重要だということ、是非心に留めておいて下さいね。