美容

美容院のカラーやり直しで明るすぎや暗すぎは直せる?染め直しの電話の仕方って?

美容院でカラーをしたけどなんか違うな~と、モヤっとしながら家に帰って、やっぱり明るすぎる、暗すぎるとなったとき簡単に直せるものなのか気になりますよね。
今回は病院のカラーが明るすぎる、暗すぎるときにお直しはできるのか、染め直しの電話の仕方についてもお伝えします。

美容院のカラーやり直し明るすぎは直せるの?

美容院でカラーをしたけど、明るすぎるとき時のお直しは結構簡単です。

色を塗り重ねるイメージで考えた時に、明るい色に色を重ねていくと暗くなりますよね。
なので、イメージと違う色になったのであれば簡単にお直ししてもらえると思います。

どの美容院も施術の種類に関わらず1週間~10日間ぐらいは、気に入らない部分があれば無料でお直ししてくれます。

ただし、希望の色にしてもらったけど、自分のイメージと違って全然別の色にしたいとかであれば別途料金かかります。

これを無料でやれとなるとクレーマーになっちゃいますのでご注意ください。

 

美容院のカラーやり直し暗すぎは直せるの?

カラーのやり直しは明るすぎるときは簡単に直せるよと言いましたが、暗すぎた場合は要注意です。

一度黒くしたものは、明るい色をいれても黒いままです。
絵を描いた時をイメージして、黒の上から何色を塗っても黒のままなのと一緒です。

直せないわけじゃないですが、ブリーチしないと無理と言われたら要注意!
ブリーチは髪染め以上に髪に負担がかかります。

トリートメントをしてもらっても思った以上に傷んでしまう可能性ありです。

脱染剤というのを使って黒色を抜いて染めてもらえるなら髪への負担は減らすことができます。

ただ、脱染剤は置いていない美容院が多いという話も聞くし、ブリーチ以外無理と言われちゃうこともあるんですって…

美容院の保証期間内で無料で直したいとなると妥協する必要もあるかも…

髪を傷ませたくないし、髪色は直したいとなると有料で脱染剤を扱っているお店を探す必要がありそうです。

ただし、その場合は有料でのお直しになっちゃいますけどね。

美容院での染め直し 電話の仕方ってどうすればいいの?

いざ、直してもらおうと思っても、どうやって電話すれば良いかわからないって人多いですよね。

1回きりって思っているお店なら思い切って掛けちゃえるけど、いつも行っているお店だと今後の事を考えると電話しにくかったり…

でも、実は全然気にしなくてOK!
どこの美容院でも普通1週間以内なら、お直し無料で承りますみたいになっているでしょ。

だから全然気にせず染め直しのお願いしちゃいましょう!

だって、美容院の中で見ているのと、自宅や太陽の下で見た場合にイメージが違ったってよくある事なんですよね。

普通に

「思っていた色と違っていて染め直しってしてもらえますか?」
「ちょっと明るすぎじゃないと家族に言われちゃったんですが、染め直しできますか?」

とか素直に伝えればOKです。

変に構えて、「○○に染めてって言ったのに…」とか言うとクレームっぽいです。

クレーマーって思われると次回以降行きづらくなっちゃうので、あくまでもちょっとイメージと違った。直せますか?と相談する感じが良いです。

担当者さんの対応が悪い場合は店長さんに相談するとかしてもOKですが、まずは担当者さんや電話に出てくれた人に話すと良いです。

最初から「店長さんお願いします!」とか言うと、こちらもクレームって思われちゃう恐れも…

カラーとかって微妙なニュアンスが伝わりづらかったり、白いものを染めるわけじゃないから色の出方が違ったり、髪質によってもあると思うので都度気になった事は相談すれば良いですよ。

まとめ

美容室で染めてもらっても思い通りにいかない事もあります。

でも、美容院では保証期間を設けているところがほとんど!
1週間~10日以内なら無料でお直ししてもらえるはずなので、気になったら早めに相談するのをおすすめします。

明るすぎた場合は簡単に対応してもらえるけど、暗すぎた場合は要注意です。
暗くなりすぎた髪の毛を明るくするにはひと手間必要で、対応できないお店も多んだとか…

ブリーチしないと無理みたいに言われた時は考えた方が良いかもです。
髪の毛傷んじゃいますからね(-_-;)

ただ、保証期間内であれば気軽に相談してOKです。
思ったのと違ったというのを素直に伝えて「染め直ししてもらえますか?」と聞いてみましょう。